ボスニア・ヘルツェゴビナと尺八
ボスニア・ヘルツェゴビナ国にて公演。

国旗の様子。
bh13.jpg

街は一時期、死と隣り合わせの戦場でしたが、現在は終戦し平和です。
ただし郊外には地雷が残っており注意が必要です。
美しき橋
ボスニア・ヘルツェゴビナを代表する橋の風景。

入江要介モスタル

川の水も澄んでおり、山や建築も含めて美しい景観です。
高き橋
橋の上から眺める川辺の様子。

見るからに危険な高さですが公式飛び込み大会があるそうです。
bh5.jpg

しかしアマチュアが飛び降りると命に関わる事故になりかねません。
阪神が優勝した際にウズウズしている大阪人を連れてくるのは危険です。
マンションの傷痕
銃撃を受けたマンションの壁の様子。

bh17.jpg

街が戦場だった頃の傷痕がそこらじゅうに残っています。
露店の銃弾
ボスニア・ヘルツェゴビナの露店の様子。

銃弾を堂々と陳列している・・・わけではありません。
bh18.jpg

実は中身はボールペンや栓抜で、ジョークのグッズとして販売しています。
スナイパー通り
市内にある通称「スナイパー通り」の様子。

ここを通る者は女子供であろうと容赦なく銃撃されたという道です。
bh16.jpg

今では綺麗なショッピングセンターもでき、このように平和です。
戦場だった街で人々が暮らした頃の映像も残っている様です。>>コチラ
日本の協力
市内を走るバスの様子。

日本への感謝を示すマークが入っています。
bh6.jpg

日本が経済支援をした、というニュース自体はよく耳にしますが、
買ったバスが実際に使われているのを見ると支援の効果がよく分かります。
おこぼれ
ボスニア・ヘルツェゴビナの猫の様子。

bh3.jpg

おばあちゃんが、ご飯をひとくち恵んでくれるのを待っています。
次回に続く
ボスニア・ヘルツェゴビナ公演の記事は次回、後編に続きます。

bh19.jpg

動物なのか虫なのか分からない生き物です。
SUGIZOさん
主題曲の演奏を担当した映画 「TOKYOデシベル」 について。その6。

X JAPANメンバーのSUGIZOさんと。某日某所にて。
入江要介・SUGIZO

ドビュッシー作曲のクラシック音楽が主題曲となっており、尺八で演奏。
SUGIZOさんがアレンジし、スタジオで共に明け方まで録音を重ねました。
太田光代さん
主題曲の演奏を担当した映画 「TOKYOデシベル」について。その5。

太田光代社長と。某日某所にて。
入江要介・太田光代

監督が表現のリーダーなら、エグゼクティブプロデューサーは運営のリーダーです。
そんな中心の役割を担い、映画を完成まで引っ張っておられました。
劇場のポスター
主題曲の演奏を担当した映画 「TOKYOデシベル」について。その4。

松岡充さん、安倍なつみさん、安達祐実さんによる劇場ポスター。
tkd4.jpg

演奏した音楽はTBSテレビ番組「サンデージャポン」でも放送されたようです。
本編は登場人物達だけでなく、都市の風景と空気感も美しい映像です。
辻仁成さん
主題曲の演奏を担当した映画「TOKYOデシベル」 について。その3。

芥川賞作家・辻仁成さんと。某日某所にて。
入江要介・辻仁成

自分の小説を自分で監督して映画にする時、どんな感覚がするのでしょうか。
作家であると同時に、この作品の映画監督でもあります。
長井秀和さん
主題曲の演奏を担当した映画「TOKYOデシベル」 について。その2。

お笑い芸人・長井秀和さんと。某日某所にて。
入江要介・長井秀和

「間違いない」のネタで大ブレイクした芸人さんで、実は英語がペラペラです。
映画では長井さんの俳優の一面を堪能できる事は "間違いない" です。
映画「TOKYOデシベル」
映画「TOKYOデシベル」で主題曲の演奏を担当。



この予告映像で演奏の一部が流れます。映画館では入江要介もチラッと映るかも。
>>公式サイトはコチラ
副大統領夫人
ペルー副大統領夫人への歓迎演奏。

写真右がペルー共和国・副大統領夫人。
pu1.jpg

日本との関係も深い親日国です。ペルー国籍と共に
日本国籍を持つフジモリ大統領が就任していた時代もありました。
市のコンサート
市が主催のコンサートに招かれ演奏。

準備中の会場の様子。
hl2.jpg

評判の良かった演奏家を再び招く趣旨だそうで、和やかな公演となりました。
ガーネットと尺八
東京都・大田区にて演奏。

お客さんがプレゼントしてくれた鉱石と、公演チラシの様子。
gnt2.jpg

入江要介の趣味である鉱石を熱心にいつもくれるお客さんですが、
岩に埋まった状態のガーネットを選ぶとは、相当な通のチョイスです。
スペインと尺八
スペインにて公演。

国旗の様子。
spn2.jpg

画家ピカソの出身国で、フラメンコや闘牛の文化があり、
料理ではイベリコ豚、パエリア、アヒージョ等も有名です。
サグラダファミリア
スペイン名所のひとつサグラダファミリア。

入江要介サグラダファミリア2

独創的なデザインで世界的に有名な建築です。
サグラダファミリアの真下
真下から見るサグラダファミリア。

spn17.jpg

細かい所まで見ているとキリが無いくらい無数の彫刻があります。
サグラダファミリアの中
サグラダファミリアの中の様子。

入江要介サグラダファミリア内

内部まで独創的です。
楽しい標識
スペインの道にあった標識。

spn7.jpg

なんらかの注意の標識かも知れませんが、楽しそうな絵です。
とんがり道路
とんがっている道路。

spn18.jpg

なぜこんな造りになっているのか理解しがたい構造です。
スペインの古都
スペインの古都の様子。

入江要介スペイン丘2

古い建築や技術が受け継がれており世界遺産に登録されている町です。
色えんぴつ
色えんぴつの様子。

spn21.jpg

一本に色が詰め込まれすぎているようです。
古代の水道橋
スペインの古代の水道橋(すいどうきょう)。

入江要介スペイン水道橋2

はるか昔、実際に水を運ぶために使われていました。
世界最古のレストラン
ギネス認定されている世界最古のレストランの様子。

spn12.jpg

歴史に残る作家や画家達も来店したそうで子豚の丸焼きが名物です。
雲の線
バルセロナの空の様子。

spn22.jpg

雲の線が出ています。
夢がこわれる
繁華街の物かげの様子。

spn5.jpg

夢がこわれます。
白雪姫の城
スペインの古いお城の様子。

入江要介スペイン城

白雪姫のお城のモデルにもなっています。
どこの国
スペイン語表記の看板の様子。

spn14.jpg

上からスイス、ポーランド、ルーマニアは分かりますが、
"アレマニア"ってどこだ?と思いましたが、ドイツの事だそうです。
ウマ警備
広場の警備隊の様子。

spn26.jpg

ウマで警備しています。
バス(タクシー)
標識の様子。

spn13.jpg

バスなのかタクシーなのか煮え切らない標識です。
売店のイヌ
スペインのイヌの様子。

spn3.jpg

売店を通るたび店先にいつもいる看板犬です。
カラフル公園
カラフルな公園の様子。

入江要介スペイン公園

有名なスペインの芸術家が作った公園です。
癒しの紋章
首都マドリードのシンボルの像。

spn4.jpg

木に登ろうとしているクマが市のシンボルマークになっており癒されます。
マドリード王宮
首都マドリードの王宮の様子。

入江要介マドリード

現在でも国の行事がある際に使われています。
スペインの伝統工芸
スペインの伝統工芸の手作業の様子。

spn11.jpg

とても細かい金の細工の工芸です。
でっかいシャボン玉
街の広場の様子。

spn20.jpg

でっかいシャボン玉です。
ツチメテナフマホチ
バルセロナのおみやげ屋さんの様子。

spn19.jpg

ツチメテナフマホチだそうです。意味は分かりません。
モナコ公国と尺八
モナコ公国にて公演。

国旗の様子。
mnc8.jpg

世界で2番目に小さい国です。金持ちほど住むのが有利な政策の国で、
世界中から富豪たちが暮らしにやってきます。
モナコの町並み
モナコの町並みの様子。

mnc1.jpg

風景のほとんどが住居用の高級マンションです。
王様の車
道路標識の様子。

mnc11.jpg

王宮に近い道のためか、王室の車のような道路標識がありました。
モナコの王宮
モナコの王宮を守る衛兵。

mnc12.jpg

青い帽子がトレードマークです。
ブラックオオサカ
モナコの寿司屋のメニューの様子。

ブラックオオサカと書いてあります。
mnc4.jpg

外国の日本食は不思議なものをよく目にしますが、これもなかなかです。
有名なカジノ
有名なカジノ「モンテカルロ」の様子。

必ず警備員の検査を受けなければ入場できません。
mnc6.jpg

カジノであると同時に観光スポットとしても人気です。
カジノの内部
カジノ「モンテカルロ」の内部の様子。

mnc7.jpg

ギャンブラー達の憧れのカジノで、VIPやセレブ達の社交の場でもあります。
ハリウッドのスパイ映画でも舞台になりました。
無理をしている
モナコのハトの様子。

mnc10.jpg

だいぶ無理をしているようです。
そこまでしてフチに止まりたい理由があったのでしょうか。
最高峰の治安
モナコの住宅街の様子。

富豪たちでも安心して暮らせるように治安は極めて良いようです。
mnc3.jpg

高級車でも大した防犯をしなかったり、カジノ帰りの夜中に
金銀宝石のアクセサリーを付けて出歩いても大丈夫だそうです。