銀座と尺八
20081127183430.jpg

銀座にて演奏。
演奏会場から外にでてみれば、
夜の銀座はキラキラした中にも落ち着きがあって、良い雰囲気です。

少し離れた所に赤坂という地名がありますが、
以前そこを通った際に気付いた事があります。

akasaka
(赤坂)

反対から読むと・・・
・在るということ
 


ある少年の詩。







ぼくは 

しぬかもしれない

でもぼくはしねない 

いやしなないんだ

ぼくだけは 

ぜったいにしなない

なぜならば 

ぼくは 

じぶんじしんだから






12歳の時、彼は自殺した。

 
お習字
20081115131647.jpg

このノートで字を書く練習でもするか。

そうだな、まずは自分の名前を書く練習から…。



でもなんだか嫌な予感がする。
隣には鳥
20081116194857.jpg
フラミンゴがいっぱい。
動物園かと思いきや。



20081116194836.jpg
なんとレストラン。



ただ珍しいだけでなく味もグッド。 うにピラフ美味しいよ。
闇にうごめく者
ある真夜中、誰もいない路地裏を歩いていると・・・


1


得体の知れない何者かがこちらを伺っている。
この生物は一体!?










F1010223.jpg
にゃ~ん。





・・・・・・。
ねこでした。
殺人笛
入江要介
この武器図鑑に珍しいものが載っているのです。
それは…


フルート銃


外観はどう見ても楽器のフルート。
しかしキーを押せば穴から銃弾がズドン。
殺しの道具を笛に見せかけるとは、
色々なアイデアを生み出す人がいるものです。

・言葉と質
大言淡淡、小言詹詹/夫言非吹也、言者有言

賢人にこうボヤかせるのなら、
紀元前いつぞやの世俗も、二千年以上経った今の世俗も、
大して様子は変わっていないのだろう。

思慮と反省を経て濾過された、質ある正しい言葉があれば、
感情によって押し出された、意味の定まらぬ空疎な言葉もある。
空疎な言葉は立ちどころに消え去るが、
研磨された質ある言葉は、何千年経とうとも、その輝きがおとろえることは無い。

換気扇の曲
コンサートの中で、お客さんからお題を募り、
それをテーマに我々が即興演奏すると言う企画があった。
例えば山岳をテーマに演奏とか、お祭りのイメージで演奏といった具合だ。

お題を求めると、一人のお客さんが言った。


じゃあ「換気扇の気持ち」で。


か、換気扇…?
プロペラやらモーターやらで構成されたあの物質群の、しかも、気持ちと来た。
あれらの物質に気持ちとかあるんだろうか。
いや、今はそんな事を考えている場合ではない。
これを即興演奏で表現するのだ。

結果、笑いも少しとれ、なんとか無事に終了。
面白いテーマに楽しませていただきました。