ギリシャと尺八
ギリシャ (Greece/Hellenic Republic) にて演奏。

g1.jpg

神話。哲学。ギリシャの文化は時を越え、我々に伝わっています。
「オリンピック」「マラソン」などの言葉もギリシャが起源のようです。
ギリシャ公演の動画
ギリシャでの演奏の様子が視聴できます。 どうぞご覧下さい。



携帯からの視聴は>>コチラ
古代の姿
アテネの丘にある古代神殿。

入江要介.ギリシャ
 
二千数百年前の姿を今もずっとたたえ続けています。
大使館主催イベント
在ギリシャ日本国大使館主催イベントでの演奏。

演奏スペースの様子。
g7.jpg

130年にわたり王族や首相が利用してきた歴史あるグランドブルターニュ。
入口ではセキュリティの方々が目を光らせ厳重な雰囲気です。
マクドナルドとギリシャ
ギリシャにしかない限定メニュー、グリークマック。

g3.jpg

バーガー型ではなく薄いパンを巻いた形になっており、
地元の郷土料理がモチーフになっています。
ギリシャの音楽学校
ギリシャ音楽学校にて、講座と演奏。

音楽講座を行っている様子。
入江要介 講義

歴史のある音楽学校の一つで、多くの若者たちが修練に励んでいます。
神殿の丘
アクロポリスの丘からは市内を一望する事ができます。

入江要介・アクロポリス

古代人たちの見ていたアテネはどんな景色だったのでしょうか。
妄想ギリシャ神話
店先にあったパーツがおかしいマネキン。

g8a.jpg

『駿足の神・カハンシントスはアキレウスの子。速く走りたいと四六時中言うので、
ゼウスはカハンシントスの上半身と引き換えに、もう一つの下半身を与えた。』

などと妄想ギリシャ神話がわいてきます。
パルテノン神殿
二千数百年前よりアテネを見守り続けているパルテノン神殿。

入江要介パルテノン神殿

目の錯覚までをも計算にいれた精妙な設計がなされており、
古代人の高度な建設技術が伺えます。
大使公邸コンサート
ギリシャ大使公邸にて演奏。

大使主催による要人をお招きしてのコンサート。
g13a.jpg

入江要介の音楽のほか、ギリシャ音楽(大使夫人選曲)
の演奏にも関心を持っていただけた模様。
アカデメイア
古代に偉大なる名声を誇った学園、アカデメイア。
その名声からは想像もできぬ程、跡地はほったらかしになっている。

入江要介アカデメイア

皆ここでジョギングしたり犬とキャンプしたりもはや近所の公園といった様相。
ギリシャ教育省大臣に話を聞いた所、2015年には姿の再生を進めるとの事。
TSUMIKI(積木)
ギリシャのテレビ番組の様子。

g6.jpg

なぜその単語を選んだ、と問いたくなるTシャツ。
海外で見る日本語は不思議な使われ方をしていて味があります。
太古の予言所
古代、神託の地として神聖視されていたデルフォイ (デルフィ) 。

デルフィ遺跡の劇場の様子。
入江要介 遺跡劇場

王様から市民まで誰もがここの神託所 (予言所) に訪れた。
一国を左右するような決断がこの地の予言に頼られた事も少なくない。
山の神秘
デルフィの山の澄んだ静けさは場の神秘的な雰囲気をいっそう強めている。

入江要介デルフィa

山道に迷い込んでしまった時、偶然おばあさんが現れ道案内をしてくれた。
この山の人なのかも知れないが、ここではまるで精霊の者のように思えてくる。
古代都市エフェソス
その昔、栄華を誇っていた古代ギリシャの都市エフェソス。

今は滅び、遺跡はエーゲ海を越えた先トルコ領にある。
エフェソス

アルテミスの神域でのサイコロ遊びはどんな気分であったのか。
そこも今や崩れ、もはや跡地を残しているのみである。
・アルテミス神殿にて

アルテミス神殿にきらめく朝露の中、
潤う冷気に触れながら、残骸となった石の上で賽を転がす戯れのひととき。

2500年前はこの石もまた荘厳な神殿の一部を成していたのだろう。
崩れ去った石柱、湧きいで苔むす緑がたたえる静けさに耳を澄ますと、
滅びと生成、流転する万物の運動を意識は観察し始めざるをえない。

壊れ、生まれる物質の現象から徐々に抽象の空を見上げると、
その運動自身を私は観察し始めている。

その時、入江要介は無く、私と運動が在った。

しばらくしてふと気が付くと、ここはアルテミス神殿であった。
そう、この場所がどこであるのか、
気が付かなければ忘れる程どうでも良い事であった。

場所を神格化し、ごっこ遊びをするのも楽しいが、
表面だけをなぞる行為は決して戯れの域を出ないのは当然である。

運動は現象として物質に表れる。だが運動そのものは物質ではない。
地球上のどこに立てば流転運動それ自体がこの眼球に映るのか。
そんな場所などありえるはずが無い。

何処に立とうと同じ事。眼を瞑ればいつも遍在するそれを観る事ができよう。
思惟で歩んだその場所で、感受し観た景観こそ賢人もまた観た景観であるはずだ。

抽象の空から目を戻すと、冷たく輝く朝露は、透き通る日の光に消えていった。
 



g15.jpg