フィンランド公演の動画



以前に公演のあった、フィンランドでの演奏の様子が視聴できます。
上の画像から再生できます。
ギリシャ大使閣下と尺八
東京・代官山にて、駐日ギリシャ大使ツァマドス閣下の御前演奏。

プライベート食事会の会場の様子。
駐日ギリシャ大使会場
  
大使が日本での職務を終えられるに際しての記念の演奏。
「日本を離れる前にいい音楽が聴けて嬉しい」と喜んで下さったようです。
ドイツ・ベルリン公演の動画
  


以前に公演のあった、ドイツ・ベルリンでの演奏の様子が視聴できます。
上の画像から再生できます。
報知新聞と尺八
報知新聞 (スポーツ報知) インタビュー掲載。

記事の様子。(著作権があるため本文は読めません)
スポーツ報知

音楽家なのにスポーツ新聞に関われたのは、珍しい経験かも知れません。
 
ドバイと尺八
ドバイ首長国にて公演。

展望台から見たドバイの様子。
dub21.jpg

中東における金融の中心となっている都市で、数十年で驚異的に発展しました。
暮らす人の8割が外国人で、富豪が暮らす街といったイメージがピッタリです。
最高級ホテル
高級ホテル 「ブルジュ・アル・アラブ」 の様子。

dub7.jpg

海にそびえ立つ特徴的な形のこのホテルは、パリのエッフェル塔よりも高く、
ロイヤルスイート室は一泊が約180万円だそうです。
黄金自動販売機
黄金自動販売機の様子。

dub17.jpg

なにげない通路で、本物の金(キン)を自動販売しており、
ドバイの富豪的なイメージをさらに強くしています。
カネと砂漠
砂地と高層ビルの様子。

dub11.jpg

もともと砂漠だった所を、「カネのちからで強引に都市にしました」
と言わんばかりの独特の景観。今でも街を離れるとすぐそこは砂漠です。
ドバイのマクドナルド
ドバイのマクドナルドの様子。

dub16.jpg

こちらの宗教では豚肉が厳禁のため、マックポークはありません。
マックアラビアというご当地メニューがあります。
ドバイでの演奏
ドバイ首長国の文部科学省にあたる、省庁職員の視察のもと公演。

こちらの宗教観では単なる音楽公演に対しても意識が違うのだとか。
dubai2.jpg

戒律のゆるいドバイとはいえ、異文化の意識を気にしていましたが、
終了後、視察員さんに「良かったです」と声をかけていただき一安心。
アラビアン醤油
アラビア文字のキッコーマン醤油。

dub19.jpg

日本の調味料は一定の人気があるようで、
スーパーでは日本で同じみのメーカーを多く目にします。
密集する高層建築
ドバイの高層建築の様子。

dub23.jpg

この密集した高層ビル群は、たった今もさらに増え続けています。
ドバイの通貨
ドバイ (アラブ首長国連邦) の通貨の様子。

dub22.jpg

「 0 . 」にしか見えませんが、これで50と読むようです。
アラビアの寺院
ドバイの隣、アブダビ首長国の名所。

シェイク・ザイード・グランドモスクの様子。
dub9.jpg

まさにアラビア的なイメージの壮麗な建築で、内部にある手織絨毯は世界最大。
こちらの宗教のしきたりを厳守すれば内部の参拝も可能です。
ドバイと大阪
ドバイのメトロと駅の様子。

メトロに乗っていると、こんな表記を発見。
dubai5.jpg

「KINKI SHARYO OSAKA JAPAN」 (近畿車両 大阪 日本)
ドバイの電車を作っていたのは、まさかの大阪の会社だったようです。
ドバイ中心部
ドバイ中心部のオフィス街の様子。

dub8.jpg

真夏の気温は40℃を超える事もあるらしく、生身で外出するのは危険です。
日本食屋さん
ドバイの日本食屋さんの様子。

店名は 「Sugoi」 (スゴイ)。
dubai6.jpg

「ベントウ・ファイブ」 「スゴイ・スペシャルコンボ」 などのメニューがあります。
お米は、なぜか日本米ではありません。
ビルの壁
アラビア海から見る、高層ビルの様子。

dub6.jpg

ビルを建てまくっているので、もはや空を塞ぐ壁のようになっています。
世界最大のショッピングモール
世界最大のショッピングモール、ドバイモール。

中にはスケート場や水族館まであります。
dub13.jpg

ドバイモール駅で下車したのに、なぜかドバイモールまで徒歩15分かかります。
買い物を終えても出口までなかなか辿り着けない程の広さです。
世界一高い建物
世界一高い建造物、ブルジュ・カリファの様子。

dub1.jpg

このビルは世界に存在する全ての建造物の中で、現在、最も高い建物です。