駅員さんと日本語
イタリアの駅で切符を買おうと窓口に向かいました。

駅員のオバチャンに「切符下さい」と告げると、
「あなた日本人?ねえ"Pisa"って日本語でどう書くの?」と
オバチャンは英語を駆使して逆に質問してきました。

カタカナで「ピサ」と示して見せると、なにやら大喜びしはじめ、
それを見本にオバチャンはいきなりカタカナを書く練習をはじめました。

「ピサ」「ルッカ」、カタカナの練習をする駅員のオバチャン
lupi1

ちょっとした文化の交流といえるでしょう。
でも、後ろに次のお客さんが待ってるんだけど、いいのか・・・。